学生衣料全般、ビジネスユニフォーム 各種衣料品の製造および販売
ホーム 会社概要 沿革 製造工程 アクセス

 

沿革

昭和45年 4月 実績20年以上の、大阪の独立衣料品製造業者4者が協力し、三重県名張市の企業誘致にて、現在の所在地に新会社を設立する。
その際、設立者全員の協調のシンボルとして、新社名を株式会社ユニオンとする。
昭和49年 4月 独自の小売部門確立のため、有限会社名張制服(通称、学生服の店ユニオン)を、近鉄大阪線、名張駅前に設立、開店する。
昭和56年 1月 衣料品卸部門拡大のため、有限会社大阪ユニオンを大阪市に設立。
平成 元年 企業規模拡大のため、別棟を増築する。
平成 9年 1月 新たな発展のため、中国内蒙古国際経済技術合作公司より、中国人研修生の受入れ開始。
平成11年 2月 スカートプリーツセット釜設置用別棟増築。
4月 スカートプリーツセット用圧力釜設置、稼動開始。
7月 CAD(アパレルコンピューター)システム導入。
平成12年 8月 中国内モンゴル自治区に、合弁会社設立。
平成16年 8月 小売部門名張制服、本社工場へ移転。製造直売開始。
平成17年12月 CAM(自動裁断機)システム導入。
平成18年 5月 中国上海の、協力工場と提携。
9月 スカート増産の為、スカートライン増床。
平成19年    2台目のCAM(一枚切り専用機)を導入
12月 中国人研修生の為に社員寮を新築
平成20年 6月 バキューム台を総入れ替え(環境とコストダウン)
9月 中国青島市郊外に合併会社を設立
平成21年 9月 環境に配慮し,重油ボイラーよりガス仕様の新型ボイラーを導入
(CO2排出量を約30%削減)
平成23年 2月 三重県津市にジャケット工場として、ユニテック株式会社を設立。
平成24年 4月 島精機製作所CAMを導入(ガーバー社製と入替え)。